Invest Shift

米株決算、投資信託、ETFなどの投資情報をお届けするブログ

Vanguard VTI の評価

Vanguard(バンガード)の投資信託はたくさんありますが、アメリカのみに投資できるVTIをみてみましょう。

評価ポイント

・20年以上の長期投資を前提

・分配金

・手数料

・信託報酬

投資信託やETFの信託報酬とは? - Invest Shift

ファンドの概要

・アメリカの株式全体に投資

・純資産総額571.59億ドル( 2015/6/30)

https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VTI_JP.pdf

評価

X分配金がある

 分配金が年2%程度あります

 税金が引かれた後に再投資する分複利の効果が薄くなります

X手数料

 アメリカETFなので各証券会社の手数料に準じます

 基本は20ドル〜だと思います

◎信託報酬が安い

 0.05%と格安です

 20年投資しても1%程度です

まとめ

コストは悪くないのですが、VTと同じく無理して買う必要はないでしょう。

ニッセイの外国株式インデックスファンドは、信託報酬0.2592%とかなり安くなっているので、手間や為替コストや手数料を考えるとこちらの方が良さそうです。

ただし、日本を除く先進国が投資先のニッセイの場合はアメリカの投資比率は63%程度となり、アメリカのみのVTIとはやや違いがあります。

ニッセイ外国株式インデックスファンドの評価 - Invest Shift

配当に二重課税される分を取り戻す外国税額控除の手続きも面倒ですしね。

外国税額控除とは - Invest Shift

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ