Invest Shift

米株決算、投資信託、ETFなどの投資情報をお届けするブログ

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(2)

はじめに

バークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway BRK)の決算を一部引用して解説します。以下引用は全てこちらからです。

http://www.berkshirehathaway.com/letters/2015ltr.pdf

バークシャーハサウェイの事業概要(再掲)

再度事業概要を載せておきます。

全体としては2014FYで売上が約$200B、純利益が約$20B程度でした。

2015FYは、売上は記載がなく、純利益は$24Bでした。

2015FYのセグメントおよび純利益の内訳としては、このようになっています。

Insurance-underwriting(保険 $1.16B)」
Insurance-investment income(保険投資 $3.72B)」
Railroad, Utilities and Energy Businesses(鉄道・公益・エネルギー $6.38B)
Other businesses and miscellaneous income/expense(その他 $6.09B)」
「Investment and derivative gains/losses(投資事業 $6.72B)」

バフェットやバークシャーというと株式に投資しているイメージがありますが、セグメントからみると投資事業というのは純利益の一部(約28%)にすぎないことがわかります。2014FYの投資事業からの純利益はさらに少なく、2015FYの半分程度でした。

投資は投資でも、株式への一部投資ではなく、大きい企業を丸ごと買収してそれを育てるということを繰り返しています。

2009年のBNSFの買収は$44B、2015年のPCCの買収は$37Bという巨額なものです。

米バークシャー:バーリントン・ノーザン買収-最大規模(Update2) - Bloomberg

米バークシャー、プレシジョン買収で合意-372億ドル - Bloomberg

2015のハイライト 後半P7まで

ハイライト後半では、KraftとHeinzの合併で資産が増えたことについて書かれています。合併前はHeinzの53% $4.25Bを保有していましたが、現在は合併後のKraft Heinzの27% $9.8Bを保有しています。売上高としては年間$27Bとのことです。

米クラフト、ハインツと合併 食品で世界5位に :日本経済新聞

Our Heinz partnership with Jorge Paulo Lemann, Alex Behring and Bernardo Hees more than doubled its size last year by merging with Kraft. Before this transaction, we owned about 53% of Heinz at a cost of $4.25 billion. Now we own 325.4 million shares of Kraft Heinz (about 27%) that cost us $9.8 billion. The new company has annual sales of $27 billion and can supply you Heinz ketchup or mustard to go with your Oscar Mayer hot dogs that come from the Kraft side. Add a Coke, and you will be enjoying my favorite meal.

(Kraft買収を一緒に行った)Jorge Paulo達の方法は、会社を買って不必要なコストを削るというもので、こうすると生産性を上げることができます。サービスや財の生産について労働時間あたり生産性の向上がなければ、経済は沈滞します。アメリカのほとんどの企業において、生産性の向上は可能だということです。

Jorge Pauloというのは、世界で26番目の富豪で、3G Capitalという投資会社を創業しています。

Jorge Paulo and his associates could not be better partners. We share with them a passion to buy, build and hold large businesses that satisfy basic needs and desires. We follow different paths, however, in pursuing this goal. Their method, at which they have been extraordinarily successful, is to buy companies that offer an opportunity for eliminating many unnecessary costs and then – very promptly – to make the moves that will get the job done. 

ここからは投資事業の話です。
バークシャーはBig Four(ticker:IBM WFC KO AXP)の所有割合を増加させました。IBM WFCを追加購入し、KO AXPでは自社株買いで所有割合が増えました。Big Fourをまとめて考えた場合、バークシャーの持ち分が1%増えることで、年間の利益が$500増加します。

Berkshire increased its ownership interest last year in each of its “Big Four” investments – American Express, Coca-Cola, IBM and Wells Fargo. We purchased additional shares of IBM (increasing our ownership to 8.4% versus 7.8% at yearend 2014) and Wells Fargo (going to 9.8% from 9.4%). At the other two companies, Coca-Cola and American Express, stock repurchases raised our percentage ownership. Our equity in Coca-Cola grew from 9.2% to 9.3%, and our interest in American Express increased from 14.8% to 15.6%. In case you think these seemingly small changes aren’t important, consider this math: For the four companies in aggregate, each increase of one percentage point in our ownership raises Berkshire’s portion of their annual earnings by about $500 million.

バークシャーでは素晴らしい企業のある程度の株式を持つことをよしとしています。Hope Diamondを持つより模造ダイアモンドを全て持つ方がよいとのことです。Big Four の利益は$4.7Bあり、バークシャーの利益となるのは配当分の$1.8Bですが、残りの$3Bも大事なものです。

These four investees possess excellent businesses and are run by managers who are both talented and shareholder-oriented. Their returns on tangible equity range from excellent to staggering. At Berkshire, we much prefer owning a non-controlling but substantial portion of a wonderful company to owning 100% of a so-so business. It’s better to have a partial interest in the Hope Diamond than to own all of a rhinestone. If Berkshire’s yearend holdings are used as the marker, our portion of the “Big Four’s” 2015 earnings amounted to $4.7 billion. In the earnings we report to you, however, we include only the dividends they pay us – about $1.8 billion last year. But make no mistake: The nearly $3 billion of these companies’ earnings we don’t report are every bit as valuable to us as the portion Berkshire records.

投資先が保持する利益はよく自社株買いに使われます。これでバークシャーはお金を出すことなく将来の利益を増やせるわけです。また、その利益で投資先がビジネスの機会を作ることもできます。

The earnings our investees retain are often used for repurchases of their own stock – a move that increase Berkshire’s share of future earnings without requiring us to lay out a dime. The retained earnings of these companies also fund business opportunities that usually turn out to be advantageous. All that leads us to expect that the per-share earnings of these four investees, in aggregate, will grow substantially over time. If gains do indeed materialize, dividends to Berkshire will increase and so, too, will our unrealized capital gains.

ウッディアレンは「バイセクシャルのメリットは、恋人を探すチャンスを倍にすることだ」と言いました。ビジネスそのものを行うことと、パッシブ投資を行うことの両右方を行うことで、キャッシュを利用するチャンスを倍にできます。巨大な市場性証券のポートフォリオを持つことで、巨大な買収の提案にのることができます。

Our flexibility in capital allocation – our willingness to invest large sums passively in non-controlled businesses – gives us a significant edge over companies that limit themselves to acquisitions they will operate. Woody Allen once explained that the advantage of being bi-sexual is that it doubles your chance of finding a date on Saturday night. In like manner – well, not exactly like manner – our appetite for either operating businesses or passive investments doubles our chances of finding sensible uses for Berkshire’s endless gusher of cash. Beyond that, having a huge portfolio of marketable securities gives us a stockpile of funds that can be tapped when an elephant-sized acquisition is offered to us.

記事一覧

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(1) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(2) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(3) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(4) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(5) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(6) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(7) - Invest Shift

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ Subscribe with Live Dwango Reader