Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株の投資情報をお届けするブログ

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(5)

はじめに

バークシャーハサウェイ(Berkshire Hathaway BRK)の決算を一部引用して解説します。以下引用は全てこちらからです。

http://www.berkshirehathaway.com/letters/2015ltr.pdf

今回はGAAP指標や無形資産、EBITDAについて語っている箇所です。

EBITDAはよく用いられる指標ですが、確かに償却費を引いていないので分かりづらいですね。

GAAPについて

non-GAAPの数字の方がGAAPの数字よりも正確に費用と利益を表すため、分けて表示して利用しています。

We present the data in this manner because Charlie and I believe the adjusted numbers more accurately reflect the true economic expenses and profits of the businesses aggregated in the table than do GAAP figures. 

non-GAAPの調整について細かい説明はしませんが、無形資産の性質については理解しておくべきです。無形資産には減価するものもあれば減価しないものもあります。例えば、ソフトウェアの減価償却費は実際にかかる費用ですが、顧客とのつながりなどに対して費用を計上することは実情にあっていません。GAAPの基準ではそれらを区別することはなく、両方とも同じように費用として計上されます。

I won’t explain all of the adjustments – some are tiny and arcane – but serious investors should understand the disparate nature of intangible assets. Some truly deplete in value over time, while others in no way lose value. For software, as a big example, amortization charges are very real expenses. Conversely, the concept of recording charges against other intangibles, such as customer relationships, arises from purchase-accounting rules and clearly does not reflect economic reality. GAAP accounting draws no distinction between the two types of charges. Both, that is, are recorded as expenses when earnings are calculated – even though, from an investor’s viewpoint, they could not differ more.

P38のGAAP基準では$1.1Bが減価償却費として計上されていますが、20%は有形で、80%はそうではありません。無形資産の減価償却費は以前は存在しませんでしたが、買収によって巨大な金額になりました。無形資産の減価償却費は、今後も買収を行うに従って大きくなるでしょう。

In the GAAP-compliant figures we show on page 38, amortization charges of $1.1 billion have been deducted as expenses. We would call about 20% of these “real,” the rest not. The “non-real” charges, once nonexistent at Berkshire, have become significant because of the many acquisitions we have made. Non-real amortization charges are likely to climb further as we acquire more companies. 

バークシャーには$6.8Bの償却可能な無形資産があり、そのうちの$4.1Bはこれから5年間に償却されます。最終的には、これらの資産は全て償却され、そうすると利益が横ばいだとしてもGAAPの利益は増加することになります。これは私の後継者への贈り物です。

The table on page 55 gives you the current status of our intangible assets as calculated by GAAP. We now have $6.8 billion left of amortizable intangibles, of which $4.1 billion will be expensed over the next five years. Eventually, of course, every dollar of these “assets” will be charged off. When that happens, reported earnings increase even if true earnings are flat. (My gift to my successor.) 

GAAP減価償却費の一部は無視した方がよいと言いました。でも経営者達は株主に対して、ある実際にかかる費用については無視するように言うのが一般的になっています。ひどい例は、株式の形で受け取る報酬(Stock-based compensation)です。報酬なのに費用でないとしたらそれは何なのでしょうか?実際に何度もかかる費用なのに利益の計算に入らなければ、どこに入るというのでしょう?

I suggest that you ignore a portion of GAAP amortization costs. But it is with some trepidation that I do that, knowing that it has become common for managers to tell their owners to ignore certain expense items that are all too real. “Stock-based compensation” is the most egregious example. The very name says it all: “compensation.” If compensation isn’t an expense, what is it? And, if real and recurring expenses don’t belong in the calculation of earnings, where in the world do they belong? 

減価償却費は複雑なテーマですが、だいたいは実際に費用がかかるものです。少なくともバークシャーではそうです。減価償却費よりも実際の費用を少なくすればビジネスは競争力を保つでしょうが、51年間その方法を見つけることはできませんでした。実際に、鉄道事業での減価償却費は、単に鉄道を正常に保つのに必要な額より低くなってしまっています。このミスマッチのせいでGAAPの利益が実際の利益よりも高くなってしまうのです。CEOやインベストメントバンカーが、EBITDAなどの償却費を含める前の数字を使うとき、(ピノキオのように)彼らの鼻が伸びていないか注意してください。

Depreciation charges are a more complicated subject but are almost always true costs. Certainly they are at Berkshire. I wish we could keep our businesses competitive while spending less than our depreciation charge, but in 51 years I’ve yet to figure out how to do so. Indeed, the depreciation charge we record in our railroad business falls far short of the capital outlays needed to merely keep the railroad running properly, a mismatch that leads to GAAP earnings that are higher than true economic earnings. (This overstatement of earnings exists at all railroads.) When CEOs or investment bankers tout pre-depreciation figures such as EBITDA as a valuation guide, watch their noses lengthen while they speak. 

もちろんGAAPに沿うように報告は行います。しかし、ほとんどの減価償却費は戻し入れ、BNSFの不適切な減価償却費を反映するためにそこからいくらか引くべきでしょう。

Our public reports of earnings will, of course, continue to conform to GAAP. To embrace reality, however, you should remember to add back most of the amortization charges we report. You should also subtract something to reflect BNSF’s inadequate depreciation charge.

記事一覧

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(1) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(2) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(3) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(4) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(5) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(6) - Invest Shift

バークシャーハサウェイ2015決算 バフェットからの手紙(7) - Invest Shift

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ