読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Invest Shift

米株決算、投資信託、ETFなどの投資情報をお届けするブログ

FRBが利上げをしなかった4つの理由

FRBとは

FRBとはアメリカの中央銀行です。連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board)あるいは連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)をさします。FRBは定期的に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、金融政策を決定します。

FRBが現実を理解したわけ

ジムクレイマーが「FRBが現実を理解したわけ」という記事を書いていたので紹介です。この人の英語は独特の言い回しを多用するのでちょっと読みにくいですね。

FRBが現実を理解したというのは、経済の実情を理解して利上げを行わない、もしくは、利上げのペースをスローダウンさせるということです。

4つの理由は以下のようになっています。

理由1. デフレのリスクが急に高まった

国内エネルギー産業のデフォルトリスクが高まり、これがデフレにつながるのではないかという可能性があります。

理由2. 実質賃金が上がらない

雇用は好調なのに、実質賃金が上がっていません。最低賃金を除くと、上がるどころか逆に賃金は下がっています。これはアルバイトなどだけが増えているのでしょう。

理由3. 輸出企業の不調による保護主義への転換

外国企業が雇用を奪っているので、保護主義へ転換せよというように世論が変化しているとのことです。FRBとしては世論に配慮して、利上げのペースを落とすことでドル安にして、輸出企業を助けるということですね。

理由4. デジタル経済が生活レベルを下げている

デジタル経済がグローバリゼーションを加速し、生活のレベルを下げているとのことです。インターネットは世界に通じているため、国内や地域だけでなく国外にも競争相手が増えるので、その分競争が厳しくなります。また、ヘルスケアのコストアップや、住宅不足が原因の家賃高騰も同時に発生しているそうです。

So reason number one for their tempering: the risks tilted suddenly toward deflation.

Reason number two? The lack of actual wage growth. I think the Fed sensed that somehow, as employment got stronger, there had to be a boost in wages. But the data say otherwise. If you strip out mandated minimum wage gains, wages have fallen, not gone higher. That's a fact that the ideologues -- so many of whom have microphones -- have lost touch with, because they are so darned rich they don't even know the real world any more. (Believe me; I might not know either, if I didn't have involvement in actual small businesses).

Reason number three? Our export companies are doing so terribly while there is no wage growth, that that the national narrative seems to have changed: the foreign countries want to take our jobs away and they are succeeding, so let's throw the bums out and get protectionist. That's what this election has become about. I was amazed at how little people paid attention to the political dynamic out there when they discussed the Fed's no easy stance. To me, it is front and center.

Finally, I think that this holiday season was all about the digital economy. It became really clear that the digital economy, coupled with the new nightmare of globalization, is producing a lower standard of living, further compromised by both higher health care costs mandated for all but the indigent by the federal government, and a relentless spiral in rents from a critical housing shortage.

These all became too much to bear for the Fed. It didn't want to be the reason why we went into recession, just to please a handful of hawks who will never change their minds anyway. In other words, I think the Fed woke up to reality, and we are all the better for it.

Cramer: 4 Reasons Why the Fed Woke Up to Reality

まとめ

FRBは2015年末に利上げした後、2016年3月のFOMCでは利上げを見送り、利上げ予測を下方修正しました。現実を理解したこの対応は、実質的には緩和と言えるのでしょう。しかし、市場はあまり反応しませんでした。日本、EUもそうですが、金融政策の限界を市場が認識しているのではないでしょうか。

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ