Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株の投資情報をお届けするブログ

スンダー・ピチャイ(Google)からの手紙(1)

ジェフ・ベゾスからの手紙

Googleのオフィシャルブログで「This year’s Founders' Letter」という、スンダー・ピチャイからの手紙があるのでそれを紹介してみたいと思います。

Official Google Blog: This year’s Founders' Letter

導入部分

When Larry and Sergey founded Google in 1998, there were about 300 million people online. By and large, they were sitting in a chair, logging on to a desktop machine, typing searches on a big keyboard connected to a big, bulky monitor. Today, that number is around 3 billion people, many of them searching for information on tiny devices they carry with them wherever they go.

1998年にLarryとSergeyがGoogleを設立したとき、3億人がオンラインでした。たいていは椅子に座ってデスクトップにログインし、大きなモニターにつながれた大きなキーボードで検索を行っていました。現在では30億人がオンラインになり、どこへ行っても小さなデバイスで情報を検索するようになりました。

In many ways, the founding mission of Google back in ’98—“to organize the world’s information and make it universally accessible and useful”—is even truer and more important to tackle today, in a world where people look to their devices to help organize their day, get them from one place to another, and keep in touch. The mobile phone really has become the remote control for our daily lives, and we’re communicating, consuming, educating, and entertaining ourselves, on our phones, in ways unimaginable just a few years ago.

「世界の情報を整理し、世界中の人がアクセスできるようにして便利にする」という1998年のGoogleのミッションは多くの意味で現在でも正しく、より重要な問題になっています。人々は日々の生活や、移動、連絡のためにデバイスを利用しています。モバイルフォンではリモコンになり、人々はモバイルフォンでコミュニケーションし、消費し、教育し、楽しんでいます。これは数年前には考えられなかったことです。

Knowledge for everyone: search and assistance

As we said when we announced Alphabet, “the new structure will allow us to keep tremendous focus on the extraordinary opportunities we have inside of Google.” Those opportunities live within our mission, and today we are about one thing above all else: making information and knowledge available for everyone. 

Alphabetを発表したとき「新しい組織によって、Googleの中のすばらしいチャンスにフォーカスするようにできるでしょう」と言いました。これらのチャンスはミッションとともにあり、何にもまして、情報と知識を全ての人が入手可能なようにしようとしています。

This of course brings us to Search—the very core of this company. It’s easy to take Search for granted after so many years, but it’s amazing to think just how far it has come and still has to go. I still remember the days when 10 bare blue links on a desktop page helped you navigate to different parts of the Internet. Contrast that to today, where the majority of our searches come from mobile, and an increasing number of them via voice. These queries get harder and harder with each passing year—people want more local, more context-specific information, and they want it at their fingertips. So we’ve made it possible for you to search for [Leonardo DiCaprio movies] or [Zika virus] and get a rich panel of facts and visuals. You can also get answers via Google Now—like the weather in your upcoming vacation spot, or when you should leave for the airport—without you even needing to ask the question.

検索はgoogleのコアです。何年もたって検索は当たり前になりましたが、これまで成し遂げたことや、これからのことを考えるだけでも驚きです。デスクトップのページに表示される10の青いリンクが案内してくれていた頃を覚えています。今では、検索の大部分はモバイルからのもので、音声での検索も増えています。問い合わせは年々難しくなっています。人々はよりローカルの、より文脈に沿った情報を指先だけで求めています。「Leonardo DiCaprio movies」や「Zika virus」と検索すれば、表現力のあるパネルで事実や見た目が分かるようにしました。また、Google Nowで回答を得ることもできます。バケーション先の天気や、空港に向かっていつ出発したらいいかなどです。それも、質問することさえしなくても得ることができるのです。

Helping you find information that gets you through your day extends well beyond the classic search query. Think, for example, of the number of photos you and your family have taken throughout your life, all of your memories. Collectively, people will take 1 trillion photos this year with their devices. So we launched Google Photos to make it easier for people to organize their photos and videos, keep them safe, and be able to find them when they want to, on whatever device they are using. Photos launched less than a year ago and already has more than 100 million monthly active users. Or take Google Maps. When you ask us about a location, you don’t just want to know how to get from point A to point B. Depending on the context, you may want to know what time is best to avoid the crowds, whether the store you’re looking for is open right now, or what the best things to do are in a destination you’re visiting for the first time.

一日を過ごすための情報を得るのを助けすることは、古典的な検索クエリの範囲をはるかにこえています。例えば、今までの人生であなたやあなたの家族が撮った写真の数を考えてみてください。今年、人々はデバイスで1兆の写真を撮るでしょう。そこで我々はGoogle Photosをリリースし、写真や動画を整理しやすくしました。安全に、見つけやすく、どのデバイスでも使えます。Google Photosはリリースから1年たっていませんが、1億人以上の月間ユーザーがいます。Google Mapsでは、場所について問い合わせた場合、AからBへどう移動するか知りたいだけではないでしょう。文脈によって、混雑を避けたいかもしれないし、店が開いているか知りたいかもしれない。また、初めて訪れる場所で何をすれば一番いいか調べたいかもしれないのです。

But all of this is just a start. There is still much work to be done to make Search and our Google services more helpful to you throughout your day. You should be able to move seamlessly across Google services in a natural way, and get assistance that understands your context, situation, and needs—all while respecting your privacy and protecting your data. The average parent has different needs than the average college student. Similarly, a user wants different help when in the car versus the living room. Smart assistance should understand all of these things and be helpful at the right time, in the right way.

これらは始まりにすぎません。検索やGoogleのサービスをもっと役に立つようにするためにはたくさんやることがあります。もっとGoogleのサービスが自然に統合されて使えるべきで、プライバシーに配慮しながら、文脈や状況やニーズを理解してあなたを手助けするべきです。平均的な親には大学生より多様なニーズがあります。同様に、自動車を運転しているユーザーとリビングルームにいるユーザーのニーズは違います。スマートアシスタンスはこういったことを理解して、適切なときに適切な方法で役立たなくてはなりません。

まとめ

Googleがこの頃取り組もうとしている内容がよくわかりますね。

次回はAIやコンテンツの話です。

記事一覧

スンダー・ピチャイ(Google)からの手紙(1) - Invest Shift

スンダー・ピチャイ(Google)からの手紙(2) - Invest Shift

スンダー・ピチャイ(Google)からの手紙(3) - Invest Shift

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ Amazon.co.jpロゴ