Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株の投資情報をお届けするブログ

AT&T(T)2017Q1決算と株価

企業概要

AT&Tは携帯、インターネットプロバイダ、映像配信サービスの会社です。

2015年7月にDIRECTVの買収を完了しました。

携帯利用者数ではベライゾン(VZ)に続いてアメリカで2位です。T-mobileが追い上げていて、Sprintはなんとか横ばいから微増に転じていこうとしているところです。もっとも利益が大きいpostpaidの契約増加数については、AT&Tはぱっとしない成績が続いていますです。

携帯会社の各種数値についてはこちらを参考にどうぞ。

How Verizon, AT&T, T-Mobile, Sprint and more stacked up in Q4 2016: The top 7 carriers | FierceWireless

サマリー

・発表日 2017/4/ アフターマーケット
・売上 $39.40B -2.8% コンセンサス予想より-$1.17B
・non-GAAP EPS $0.74 コンセンサス予想と変わらず
・GAAP EPS $0.56
・GAAP net income $3.5B
・2017FYの予想売上は発表なし(前回は+low-single digits)
・2017FYの予想non-GAAP EPSは+mid-single digits
・決算発表後の株価 アフターマーケットで-0.55%
・PER(ttm) 19.07
http://www.att.com/gen/investor-relations?pid=268

売上は予想をクリアできず、EPSは予想に一致しました。

ガイダンスはwireless handsetの売上が予測できないため、売上の予想がなくなったもののほぼ変わらずでした。

Time Warnerの買収は今年中に承認される見込みとのことでした。

On the Time Warner deal approval, it's moving along as expected. The European Commission has approved it. The Department of Justice is now reviewing it, and we're working closely with them to answer any questions that they may have. On the FCC side, since there are no license transfers involved, we don't anticipate the FCC will review it at all. So bottom line, we continue to expect approval of the deal end of this year.

https://seekingalpha.com/article/4065304-t-t-q1-2017-results-earnings-call-transcript?part=single 

決算発表メモ

セグメントは「Business Solutions」「Entertainment Group」「Consumer Mobility」です。

wireless純増は+2.7M(US +2.1M Mexico +0.6M)でした。

wireless postpaid churn は1.12%(2016Q1は1.14%)でした。

Business Solutionsの売上は$16.8B -4.5%営業利益は$4.36B +1.4%でした。

Entertainment Groupの売上は$12.62B -0.3%営業利益は$1.59B +0.1%でした。

Consumer Mobilityの売上は$7.74B -7.1%営業利益は$2.33B -6.1%でした。

配当と自社株買い

・配当は$0.49/Qで利回りは5.01%

決算推移(GAAP)

売上・利益・フリーキャッシュフローともしっかりしています。

DIREDTVを$49Bで買収したため、2015FYは投資キャッシュフローが大幅にマイナスになっています。

チャート

2016年は債券の利回り低下によって高配当株が好調でした。

f:id:mickeykk:20170502125058p:plain

参考になったらクリックおねがいします m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ