Invest Shift

米株決算、投資信託、ETFなどの投資情報をお届けするブログ

アメリカISM製造業・非製造業景況指数(2017/5)

アメリカISM製造業・非製造業景況指数とは

ISM(Institute for Supply Management)が発表する、アメリカの製造業・非製造業の景気動向を表す指数です。50を超えれば良く、50を下回れば悪いという判断です。

複合インデックスとなっていて、「製造業」のインデックスは新規受注 、生産、雇用、入荷遅延、在庫が20%ずつです。また、「非製造業」のインデックスは事業活動、新規受注、雇用、納入遅延が25%ずつとなっています。

アメリカはサービス業の比率が大きいので、全体としては非製造業景況指数の方が重要です。

ISM「製造業」景況指数

54.9(+0.1)でした。先月とほぼ変わりませんでした。

内訳としては、新規受注59.5(+2.0)、生産57.1(-1.5)、雇用53.5(+1.5)、入荷遅延53.1(-2.0)、在庫51.5(+0.5)でした。

()内の数字は前月比の増減です。

https://www.instituteforsupplymanagement.org/ismreport/mfgrob.cfm

ISM「非製造業」景況指数

56.9(-0.6)と指数はほぼ変わりませんでしたが、中身は悪かったです。

雇用は良くなっているものの、新規受注が大幅に減少しています。

事業活動60.7(-1.7)、新規受注57.7(-5.5)、雇用57.8(+6.4)、納入遅延 51.5(-1.5)でした。

()内の数字は前月比の増減です。

https://www.instituteforsupplymanagement.org/ISMReport/NonMfgROB.cfm

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ参考になったらクリックおねがいします m(_ _)m