Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株の投資情報をお届けするブログ

マクドナルド(MCD)2017Q2決算と株価

企業概要

マクドナルド(McDonald's)は、世界最大のファーストフードチェーン店です。

創業者のレイ・クロックは1955年3月、52歳の時にマクドナルドを設立しました。その後、マクドナルドをフランチャイズ展開して世界最大のファーストフードチェーンにまで発展させました。業態の元になるアイデアは、マクドナルド兄弟が経営していたレストランでした。ウォルマートと同じく、創業者が晩年に起業してから大企業へ発展した事例となっています。

チポトレなどのファーストフードとファミリーレストランの中間のような業態の店舗との競争が激しくなっています。また、バーガーキングやウェンディーズなどに顧客を取られていました。しかし、朝マックを一日中提供するAll-day breakfastやMcPick2の導入など、いろいろと取り組みを行って業績を持ち直しつつあります。

サマリー

・発表日 2017/7/25 プレマーケット
・売上 $6.05B -3.4% コンセンサス予想より+$90M
・non-GAAP EPS $1.73 +38.4% コンセンサス予想より+$0.11
・non-GAAP net income $1.39B
・GAAP EPS $1.70
・決算発表後の株価 終値で+4.71%
・2017FYコンセンサス予想PER 159.07/6.40=24.85
・2018FYコンセンサス予想PER 159.07/6.78=23.46
http://www.aboutmcdonalds.com/content/mcd/investors/news-events/financial-news.html

売上・EPSとも予想をクリアしました。

世界的に業績がとてもよくなっています。

リフランチャイズ施策の影響でやや成長にむらがある予定とのことでした。

As I mentioned earlier this year, our key P&L growth rates for 2017 and 2018 will be choppy as a result of this refranchising activity. From an EPS standpoint, we expect limited long-term impact from these transactions, as we plan to use the cash proceeds to repurchase shares. However, due to the nature of the weighted average shares outstanding calculation, we anticipate a negative impact of a few cents per quarter through third quarter 2018.

And while these refranchising transactions will have a dilutive impact on our revenue and operating income in the near term, these transactions are immediately accretive to our free cash flow, as we'll be operating under a less capital intensive model that delivers a more stable and predictable revenue stream. We expect to return to revenue growth and achieve our long-term targets beginning in 2019, as our strategic partners invest and unlock the potential in these markets through unit expansion as well as sales-building initiatives.

McDonald's (MCD) Q2 2017 Results - Earnings Call Transcript | Seeking Alpha

 

決算発表メモ

USの既存店売上高は+3.9%でした。コールドドリンクのプロモーションとSignature Crafted premium sandwich が好調でした。

International Leadの既存店売上高は+6.3%でした。UK、カナダ、ドイツでの業績が好調でした。

High Growthの既存店売上高は+7%でした。中国での業績が好調でした。

Foundational marketsの既存店売上高は+13%でした。日本での業績が好調でした。

 

 

決算推移(GAAP)

ここ数年売上・利益は減少していますが、フリーキャッシュフローはしっかりしています。

チャート

f:id:mickeykk:20170811095946p:plain

参考になったらクリックおねがいします m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ