Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株投資についてのブログ

VISA(V)2018Q2決算 好決算

企業概要

VISAはクレジット決済の会社です。現金や小切手からクレジットカードに流れている量が多く、業績が伸びています。マージンも大きく、売上の半分近くが純利益です。

アメリカンエキスプレス(AXP)と違って、自社でのカード発行はせずに決済システムのみを提供している企業なので、SPDRのETFでもXLK(テクノロジー)に組み入れられています。カードの支払い代金は、銀行などのカード発行体が肩代わりする仕組みになっています。

サマリー

・発表日 2018/4/25 アフターマーケット
・売上 $5.07B +13.2% コンセンサス予想より+$260M
・non-GAAP EPS $1.11 +30% コンセンサス予想より+$0.09
・GAAP EPS $1.11
・GAAP net income $2.6B
・2018FYの予想売上は+low double digits(high single digitsから上方修正
・2018FYの予想GAAP EPSは+Low 60's(+Mid 50'sから上方修正
・2018FYの予想non-GAAP EPSは+high 20's(+high end of Mid 20'sから上方修正

・決算発表後の株価 アフターマーケットで+2.83%
・2018FYコンセンサス予想PER 121.21/4.39=27.61
・2019FYコンセンサス予想PER 121.21/5.17=23.44
http://investor.visa.com/financial-information/quarterly-earnings/

売上・EPSとも予想をクリアし、ガイダンスも上方修正しました。

現金・小切手・B2Bといった領域を今後もターゲットにしていくとのことでした。

Core to our success is Visa's ability to anticipate future trends and evolve. Even with our success to date, there is still tremendous room for growth with tens of trillions of dollars in opportunity across consumer cash, checks and B2B.

https://seekingalpha.com/article/4166006-visa-v-q2-2018-results-earnings-call-transcript?part=single

決算発表メモ

Payments volumeは$1.99T +15%(為替の影響を除くと+11%)でした。

Total proceeded transactionsは29.3B +12%でした。

Serviceの売上は$2.25B +13%でした。

Data processingの売上は$2.12B +15%でした。

International transactionの売上は$1.75B +19%でした。

Client incentivesは$1.3Bでグロス売上の20.3%でした。

決算推移(GAAP)

売上・利益・フリーキャッシュフローともしっかりしています。

2016FYにはVisa Europeを買収しました。

 

チャート

f:id:mickeykk:20180508153912p:plain

参考になったらクリックおねがいします m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ