Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株投資についてのブログ

NVIDIA(NVDA)2019Q2決算 仮想通貨の需要がなくなる

企業概要

NVIDIAはグラフィック処理用のプロセッサであるGPUの開発・販売を行っています。

GPUとはGraphics Processing Unitの略称で、並列処理が得意です。近年ではVRやDeep Learningの処理にも用いられています。まだDeep Learning向けGPUの売上はそんなに大きくないですが、期待で株価が急騰しました。

また、仮想デスクトップの「GRID」、携帯端末向けのSoC(System on Chip)「Tegra」、自動車向けソリューションなども提供しています。

サマリー

・発表日 2018/8/16 アフターマーケット
・売上 $3.12B +39.9% コンセンサス予想より+$20M
・non-GAAP EPS $1.94 +91% コンセンサス予想より+$0.10
・GAAP EPS $1.76
・GAAP net income $1.1B
・2019Q3の予想売上は$3.25B±2%(コンセンサス予想は$3.34B)

・決算発表後の株価 アフターマーケットで-4.70%
・2018FYコンセンサス予想PER 257.44/7.08=36.36
・2019FYコンセンサス予想PER 257.44/7.27=35.41
http://investor.nvidia.com/results.cfm

2019Q3の予想売上が低かったことから売られています。

2019Q2も仮想通貨の需要は急減してしまっています。

Lastly, in our OEM segment, revenue declined by 54% year-on-year and 70% sequentially. This was primarily driven by the sharp decline of cryptocurrency revenues to fairly minimal levels.

https://seekingalpha.com/article/4199978-nvidia-corporation-nvda-ceo-jensen-huang-q2-2019-results-earnings-call-transcript?part=single

Datacenterセグメントは引き続き好調ですが、ここからさらに株価が上がるのは難しいのではと思います。

決算発表メモ

セグメントは「Gaming」「Professional Visualization」「Datacenter(TeslaとGRIDを含む)」「Automotive」「OEM&IP」です。

GPUの売上は$2.66B +40%、Tegraの売上は$467M +40%でした。

セグメント別では、
Gamingの売上は$1.8B +52.1%でした。

Professional Visualizationの売上は$281M +19.5%でした。

Datacenterの売上は$760M +82.6%でした。

Autoの売上は$161M +13.3%でした。

OEM&IPの売上は$116M -53.7%でした。 

決算推移(GAAP)

 

チャート

f:id:mickeykk:20180831123716p:plain

 

参考になったらクリックおねがいします m(_ _)m

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ