Invest Shift 米国株投資ブログ

米国株の投資情報をお届けするブログ

インテル(INTC)株2015Q4決算

インテル(Intel)はマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を販売している会社です。

決算はそれほど悪くないですが、クラウド関連で期待されていたデータセンター事業が弱かったようです。

サマリー

・決算発表日 2016/1/14 引け後
・2015Q4売上は$14.91Bでコンセンサス予想より+$110M
・2015Q4EPSは$0.74でコンセンサス予想より+$0.11
・Data Centerの売上増加はQ3はYonYで12%だったのに対し5%
・2016Q1の売上予想は$14.1B

会社資料

http://www.intc.com/results.cfm

直近の決算推移

四半期 Sep 26, 2015 Jun 27, 2015 Mar 28, 2015 Dec 27, 2014
売上 14.47B 13.2B 12.78B 14.72B
営業利益 4.19B 2.9B 2.62B 4.45B
純利益 3.11B 2.71B 1.99B 3.66B

 

5年間の株価の動き

f:id:mickeykk:20160114075447p:plain

決算発表のメモ

売上は$14.9B、グロスマージンは64%、純利益は$3.6B、EPSは$0.74でした。

通年では売上は$55.4Bとなり前年より1%減少しました。Client Computing Groupの売上は$32Bで8%減少しました。

Data Centerの売上は$16Bとなり11%増加しました。Memoryは$2.5B以上となり20%以上増加し、IoTは$2.3Bとなり7%増加しました。

2015のグロスマージンは約63%で、2014より1%低下しました。
2015の営業利益は$14Bで9%減少し、EPSは$2.33で1%増加しました。

2016Q1の売上中間点の予想は$14.1Bです。この見通しは年始の弱いスタートを反映しています。特に中国です。

2016通年では数%半ば〜後半の売上増加を見込んでいます。これは11月に発表したものより高く、FPGA(field-programmable gate array)事業の追加分がマクロ経済の不確かさで相殺されています。

2016通年のグロスマージンは63%でしょう。

Data Center は高成長で$16Bのビジネスになっています。これは年間40%以上成長するクラウドに牽引されています。

前回までの記事

インテル(INTC)株2015Q3決算 - Invest Shift

関連書籍・商品など 

インテル 世界で最も重要な会社の産業史

インテル 世界で最も重要な会社の産業史

 

feedly twitter にほんブログ村 株ブログ 米国株へ Subscribe with Live Dwango Reader